2組目のお客さまが来られました

2組目の泊まり客を迎えました。とにかく楽しい話題豊富なお客様で、本の世界を垣間見ることができました。お酒作り、本の魅力、本の威力、人形劇合宿、親の教育、戦争と本など多岐に渡る興味深いお話でした。金儲けして豊かな社会を目指してきたが、それが本当に幸せに繋がるのか、便利になればなるほど、創造力や発想力が鍛えられる機会が少なくなっているのは確かである。

私の好きなレヴィー・ストロースの「野生の思考」などでは、「プレコラージュ」(本来の使用目的ではないけれど、身近にあるもので用を足すように工夫する行為)が一つの文化・思想であり、その工夫の結果がその社会の文化のレベルの高さを示している。日本の民藝運動も、本来ある道具の姿は、その本質が持つ自然の美しさが表面に現れ、それを美しいと思うことの大事さを尊重するという思想が基本にあるとのこと。いろいろと勉強させてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です